タルトを食べる女性

さて、写真ケーキをやっているお店は店舗でも通販でもどちらでも対応してくれるところが殆どですが、わざわざお店に行かなくても注文できるなら通販でさくっと予約しておくに限ります。
というのも、通販で予約すればどういった写真ケーキを注文したのか、いつ届くのかなど、しっかりとしたことが全てメールに残るからです。
お店の店頭で注文をするとすべて口頭になってしまう分、後から注文内容が自分の中でごちゃごちゃになってしまうことがあります。

また、合わせてタルトなども注文したいとなると、お店で注文してお店に取りに行くよりかは、ネットで注文して指定の場所まで送り届けてもらった方が安心というものです。
数が増えればそれだけ人手を必要としますし、また生ものでデリケートなスイーツだからこそ、取り扱いは緊張してしまうものです。
指定した場所まで送ってもらえるのであればそれに越したことはありませんから、是非上手に通販を活用してみてください。
ちなみに、普通のケーキと同じように写真ケーキもタルトももちろん準備期間が必要になります。
ですから、出来るだけ早めに、最低でも1週間前には注文しておくよう心掛けましょう。
しかし、中にはぎりぎりの直近でも相談すれば、対応してもらえる可能性も少なからずあるので、唐突なサプライズでも諦めずに是非検討してみましょう。

フルーツタルト

普通のケーキや普通のタルトであれば注文で悩むことは特にありませんが、写真ケーキという少し特殊なケーキは一体どうやって注文すれば良いのかと疑問に思うものです。
なので、ここでは写真ケーキの注文の仕方について、説明して行きます。

写真ケーキの注文に置いて必要不可欠なもの、それは写真そのものです。
この写真というのは本物の印刷されているものではなく、データが必要になるので、まずはスマホやデジカメで使いたい写真を撮るか、人から送ってもらうなどして用意しておきましょう。
送るタイミングとしてはケーキ屋さんにもよりますが、お店や通販で何をベースとしたどれくらいのサイズのものをいつまでに、という注文をした後に、メールで画像を別途送るという形が多いです。
この時に注意しておきたいのが、必要となる写真はサイズが定められていることが殆どだという点です。
事前にお店に確認してどれくらいのサイズが必要になるのかをしっかり確認しておきましょう。
そうでないと必要以上にイメージが荒くなってしまったりするので、万全の準備をしておきたいところです。
ちなみにお店によってはデータの形式なども決まっていたりするので、その点も注意しておきたいところです。

エッグタルト

どうして写真ケーキにタルトなのか?ここではその組み合わせの理由についてお話しして行きましょう。
写真ケーキはケーキ屋さんにもよりますが、大きなサイズに対応しているところももちろんあります。
一番小さいサイズで大体3~6人向け、大きな特大サイズになると60~80人で分けられる、なんてものもあるほどです。
しかし忘れてはいけないのが、分ける人数が増えれば増える程、どれだけ大きくてもケーキにナイフを入れる回数は増えて行くということです。
折角写真を印刷してもらっても、食べる時にはどの部分だったのかわからなくなってしまうというのは思いのほか寂しいものです。

ですから、注文する際はほどほどの大きさで綺麗に見ためよく分けられるサイズを選んでおき、あとはタルトを人数分用意しておくことをおすすめします。
意外と生クリームなどが苦手という人でもフルーツたっぷりのタルトだと食べれる、という人は多いもので、そういった人への配慮としてもタルトは一押しと言えるでしょう。
また、大きなものを切り分けるというのも良いですが、最初から小さい小ぶりのものを用意するという方法もあるので、是非お店や通販サイトを見ながら写真ケーキと同じくらい熱を入れて考えてみて欲しいと思います。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年9月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930